2012年後半総括っていうか買ったモノ?

もう放置プレイにも程があるここですが、前回のポストが7月だったようなので、2012年後半の総括を。

  • ストーンズ再始動に感激
  • iPhone5(遂に次男もiPhoneに)
  • スタジオでジャムセッション
  • 群発頭痛再来
  • Fender TwinReverbとGUILD D30売却
  • Fender BluesDeluxe、MXR Custom Badass ’78 Distortion等購入
  • 和室を“音楽部屋”にプチリフォーム

って感じです。

ストーンズ再始動に関してはWOWOWで生中継見たりしてそれなりに楽しみました。
ただただミックジャガーの69歳にしてのあの動きは驚嘆するばかりでしたね。
新曲2曲共めっちゃ良かった♪

iPhoneの話は飛ばして(笑)

秋口に大学時代に一緒にライブやったことある先輩のライブを観に行ったり、バンド時代のボーカルが今やってるバンドを観に行ったり、東京に居る先輩諸氏がセッションやってたり、某バンドに請われて参加したり(明日がLa mama本番じゃん!)してるので、軽く火が着いたのか、旧友に声かけてスタジオ行ってきました!

余りの下手さに数日ギター触れなかったほどの惨劇だったんだけどね(笑)

それでもね、スタジオに持ち込んだMustang1が余りに非力&ツインリバーブじゃ持て余すしクリーン過ぎるし…ってんで、余り弾いてなかったGUILDをオークションで、アンプは持ち込みで売っぱらいまして、「やっぱアンプはツイードだろ!キースもツイードのアンプ2台並べてたしなw」と、どこまでもキースっていうか、カタチから入るわけです(笑)もう物欲爆発でこの倦怠感を吹き飛ばしました(笑)

そして買ったアンプがBLUES DELUXE REISSUE。箱自体はツインリバーブをちょっとだけ小さくした感じで、思ったより大きかった。

fender_223-2200-000a
40ワットだから、ツインリバーブの半分以下です。Mustang1の倍です。いやこれ関係ないですね(^^;;

これに国内100Vを120Vの本来の海外仕様に上げる昇圧トランスと、アンプスタンドとディストーションペダルを買いました。

mxr_m78d_2

 

この組み合わせで、P-90のピックアップで鳴らすと超好みな音が鳴るんです♪ザラってした古い音(笑)
その代わり、レスポールカスタムやテレキャスターだとまたちょっと違うアンプとペダルのセッティングが必要になったりで…

まだ、大きな音で鳴らせてないのでなんとも言えないんですが、足元が今までに無いことになってしまってます。って言っても空間系のペダルとか無いのでスッキリしたものですが(^^;

このアンプ購入と、余り活用されてなかった和室を音楽部屋にしちゃえ!ってことでプチリフォームを敢行w

「ステージか?」って言われてますが、イイ感じで悦に入れます(笑)

MUSIC ROOM

 

そうそう、ついでに昔から良いなぁって思ってたギターラックも追加♪お年玉で次男がベースアンプ買えば完全な“部室”ですw

STAND

 

って感じで楽しそうにやってますが、実は2年振りに群発頭痛が再来してまして…

正月には二十歳になった息子も帰省するので、一緒に酒が飲める!って楽しみにしてるんですけど、この頭痛期に飲酒すると大変なことになるんですよね…もうほぼ一ヶ月になるのでそろそろ終わって欲しいんだけど…

って訳で今年もあと3日。

明日も明後日も大晦日も仕事ですが…

皆様、よいお年を。

広告

初期衝動は遺伝しない

ローリング・ストーンズが、結成50周年を記念して(なのか?)、81年にマディ・ウオーターズと共演したライブ映像を発売した。

ストーンズの公式がYouTubeにアップしたその時の模様の一部がコレ。

マディ演奏中にガヤガヤとライブハウスに入ってくるストーンズの面々。マディに呼ばれてステージに上がるミック。続いて呼ばれて、テーブルの上をドカドカと歩いてステージに上がるキース(笑)お店の人(多分)の女性にハグすることも忘れない素敵なキースw

ヤバい買ってない(笑)

そもそも俺がストーンズにハマったキッカケとなったのが、このマディとの共演もあった81年のツアーの映画『Let’s Spend The Night Together』。当時俺は中3だか高1だかで、行きつけの美容室のレーザーディスクで見せてもらった。

映像は、昼間のライブ。SE(A列車で行こう)流れる中、ステージの幕の裏でリラックスムードでスタンバイするメンバー。

『THE ROLLING STONES!』のアナウンスで巨大な幕が開くと、ステージから客席を映す引きの映像…巨大なスタジアムに超満員のオーディエンス。最後尾までビッシリの人、人、人。。

もうそこで鳥肌が立ち、あとはずっと目が釘付け。。

多分綺麗な映像で、『動く』ストーンズを見るのは初めてだったんじゃないかな?

ギターを弾き始めてたガキには衝撃だったね。キースの弾き方、キメポーズ、この映画後そこら中のバンドマンが真似した『白シャツに黒ベストにジーンズ』、黒のテレキャスターカスタムetc…..

すべてがかっこ良く(笑)、当然すべてを真似したね(笑)

♪ ♪ ♪

当時の俺の年になり、バンドを始めた次男にコレを見せないわけにはいかない(笑)今見せないで何時見せる?

このバンド始めたばっかりの、まだ汚れてないウブなうちに価値観の擦り合わせをしとかないと大変なコトになる!って勢いで、当時1万5千円叩いて買ったVHSビデオを再生!

晩飯喰いながら、『何故今でも俺がギターを弾いてるのか』、『何故ストーンズが俺の中で別格なのか』、『これを初めて見たときの衝撃がどのくらいのモノだったのか』…しゃべり続けるオヤジ(^^;

「で、どうよ観てみて。カッコいいっしょ?」って聞く訳ですよ、息子に。

俺のベースやアンプや諸々を使わせてもらってる』息子に(笑)

ここは「そうね!かっこいいね!」くらい言う場面っしょ?今後とも気持ちよく自分の機材を使わせる為には余計に。。なのに…反応、薄っ(笑)

あぁ価値観の擦り合わせに失敗しちゃったのね(^^;;

まぁ押しつけは良くないよね。うん、良くない….時代も違うしね。。俺がカッコいいと思うもの全てがカッコいいって育てたつもりだったんだけどね(笑)どこで離れやがった?(笑)

♪ ♪ ♪

ところで昨日終わった高校の期末考査。

試験前は「オマエ中間考査相当悪かったよな。期末も悪かったら、ココロとベース、どっち折られたいヤ?」とか散々脅されてた(笑)バンドメンバーも「成績悪かったら親にバンド辞めさせられる」とか言ってたらしいのね。

そして案の定、すでに赤点決定したメンバーが居るらしく…「ヤバい解散の危機やん」ってさw

で、俺は言う訳ですよ。散々脅してた張本人の俺が…

オマエら、成績が悪かったらバンド出来んくなるとか…オマエらまったくROCKぢゃねーなー』って(笑)

隠れてでもヤレよ!いや堂々とヤレよ!そして丁度良い時に(本気になるのは)辞めれ。ここ重要w

ザ・ローリング・ストーンズ レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD] ザ・ローリング・ストーンズ レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-07-03
売り上げランキング : 15737

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981【DVD/日本語字幕付】 ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981【DVD/日本語字幕付】

ワードレコーズ 2012-07-04
売り上げランキング : 12006

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今年3本目…

念願のGibson Les Paul Custom(通称“BlackBeauty”)が11/11に到着しました。(正しくは、待ちきれなくて宅急便の営業所まで迎えに行ったんだけどね)

流石に今回は(僕にしては)相当悩み、迷い…それでも買っちゃうんだけどね(^^;

今回は楽器屋からではなく、個人売買のオークションで購入したので、到着後、磨いて、軽くメンテナンスと弦の張り替えを。

その前にキャビティをパシャ。↓

導電塗料が塗ってあるキャビティ、コンデンサーがオイルコンデンサーに交換されてるのと、フロントピックアップがコイルタップ出来るように改造されてます。配線材も60年代のものになってるようです。と、改造に関してはこんなの序の口なんです。

一応スペックを…Gibson Les Paul Custom 93年製(所謂ヒスコレとは違うようです)
ボディ、ネック共にマホガニー、指板はエボニー…コレから先は改造のオンパレードです。

  • ネック:元の57年仕様から60年同等へリシェイプ
  • PU:2PUモデルだったものをザグリを入れ3PUへ。PUはフロントをSeymourDuncanAPH-1、リアはSeymourDuncanAntiquity
  • ペグ:クルーソンタイプに交換
  • テイルピース:アルミ製に交換
  • サドル:チタン製に交換

オールマホガニーより、メイプルトップの方が良いんぢゃ?とか、いろいろ数ヶ月探しちゃ〜消え、探しちゃ〜逃しを繰り返してたところ、ようやく(予算的にも)コレに落ち着きました。

ギターは、特にGibsonとかFenderとかは“オリジナル”が尊重されるようで、このギターみたいに改造してあるモデルはかなり値が下がります。もっともそのお陰で手に入れられたんだけどね(笑)

なので、「『3PUの黒カス』が欲しいだけ」の僕にとっては、ダイヤモンドインレイのGibsonヘッドだけで十分なんです(予算的に、Epiphoneとか、Grecoとかも視野に入れてたし)。別にアンプで大音量でステージに立つことは多分もうないしねw

うちにあるLes Paul Studioと弾きくらべて、ネックは広く感じられるけど、リシェイプされてるのもあって、かなり弾きやすい。

3PUだと弾きにくいんじゃないの?と先輩ギタリストに言われたりしてたけど、まぁ確かにセンターのピックアップにピックが当たるっちゃー当たる。

それとピックアップエスカッションに関して、フロント→センター→リアの段差のズレが気になってね、昨日現場に行く前に本物を楽器屋で見てきた。

Epiphoneの3PUモデルは、フロントとセンターのエスカッションが同じ厚みの物を使ってる風。本物のGibsonCustomはちゃんとそれぞれ厚みが違う。おぉ流石CustomShopって当たり前な感嘆を漏らした訳です(笑)

じゃあってんでいろいろ探すんだけど、3PU用センター用のエスカッションとか単体で売ってないのです。じゃぁこの際自分で削りましょうか?と。リア用の汎用エスカッションを買ってみようかと。ついでにエスカッション固定用のネジとか、ピックアップ用のネジとかも新調しようかと。

ついでにJim Dunlopのストラップロックピンとか、ボリューム・トーンのノブとか、トグルスイッチのノブとかプレートとか、パーツ類がいろいろ手に入るサウンドハウスさんのサイトのカートにどんどん放り込んでるなうです(笑)

音に関しては大音量で鳴らしてないのでイマイチわからんのですが(^^;;
売り飛ばされるのをかろうじて回避されたツインリバーブ、ゲインが無いのでオーバードライブをかましてボリューム1で弾いたところ、さすがに歪む。うん嫌いでは無い。でももう少し調整したい。たぶん弦とピックアップの距離とかで変わりそうな感じ。

ところがですよ。P-90搭載のレスポールスタジオにプラグを差し替えてみたら、これまたアタッキーな感じが良い!おい、再確認ぢゃないですか!(笑)

去年買ってから「鳴れ!鳴れ!」と念じながらひたすら弾いてたのが功を奏したのか、(大きな声では言えませんが)Customより生音鳴るんぢゃね?ってくらい(^^;;

Customは弄り過ぎか?眠り過ぎか?ガシガシ弾いてやっから、俺好みのオンナにはなってくれ!(笑)

と言う訳で、まだまだ続くわけであります。旧バンド仲間には「買う!」と報告済みで、皆から「お前アタマ大丈夫?」とか「やりたい放題のやつ発見」とか「羨ましい」とか(笑)

そういえば、子どもたちには今回のギター、スルーされてる(笑)年に3本もギター買ってたら日常茶飯事なのか?!

GUILD D30

“欲しい”って思っちゃったら、遅くとも3日後には購入手続きしてるっていう俺の「悪癖」っていうか「病気」は、もう一生治んないんだろうね(笑)治す気もないけどね。幸せなコトだと感謝します。

GUILD D-30ってモデルのアコースティックギターを手に入れました。

TOPはスプルース、SIDE、BACK共にメイプル、スキャロップドブレイシング、アーチドBACK仕様♪

ネックは程よく薄めでエレキばっかり弾いてる俺でも違和感なく弾ける。

実は今回(も)楽器屋のサイトの写真と、担当者との電話でのやりとりのみで、現物見ずに買ったんだけど、これは大当たりでした♪。

こないだ大分の日田まで足を運んで見てきたギターをポチらなくてほんとに良かったよ。アレはナカッタわ〜。同じGUILDブランドとは言え、いかにも廉価モデルって感じだった。

このD-30、楽器屋にコレ置いてあったら一目惚れするレベルw。俺ならねw。それくらい気に入ったっス。

さて…

ところで何故アコギか?

  • キースがね(笑)、“エレキばっかり弾いてちゃダメなんだ。アコギでしっかり弾きこんでなきゃ”って言ってるの。
  • 自他共に認めるストーンズ野郎の俺が、最近Beatlesに惹かれ出して(え〜!?今更〜?って聞こえてきそうw)…Across The Universeとか、Black Birdとか、Norwegian Woodとか弾きながら口ずさみたいっていう(笑)

そして何故GUILDか?

  • ガキの頃からの憧れはGibson Hummingbird。そりゃ買えるものなら買ってますってw
  • Martinには全然興味無くって(雲の上の存在って感じ?)、Fenderのアコギはヘッドが好きじゃなくって、GUILDのロゴが好きっていう…これまでのところ、全く“音”についてのコダワリが出て来ないのが如何にも俺らしい(笑)

GUILDのギターについては、ストーンズの映画“Shine A Light”の中で、バディ・ガイをゲストに迎えて“Champagne & Reefer”をセッション。で、終わった後に、キースが今弾いてたギターを、バディにプレゼントするっていうシーンがある。そのギターがGUILDのセミアコタイプ。

「あれ?キースがGUILDのセミアコ弾くのって珍しいなぁ」って思って観てた。そしたらバディはGUILDに縁のある人みたいなのね、それで、ちゃんとキースはGUILDのギターをこのセッションのために持ってきてて、ゲストに来てくれたお礼にプレゼントするっていう粋なオトコ♪

で、そのギターを何となく探してた時に、パルコの楽器屋でGUILDのJUMBOタイプのアコギを見つけてね。

エレキを探してたくせに、アコギを見つけちゃって(笑)、ボクにしては珍しく、日を改めて2度も足を運んだり、店員呼んで試奏したりしたのよね。それが迷ってる2,3日の間にあっという間に売れちまって…。

ていう伏線がありーの、ここんとこの“ギター買わなやっとられんわ!”ってくらいの忙しさを言い訳に買っちゃったって話です。

デジマートで4点くらいピックアップして、掲載各店に電話かけまくって、ネットで調べまくって、一番信用出来そうな店でHOLDしてもらって…HOLDした翌日には「買います!」って連絡してっていう(笑)

まぁ自分への先行ご褒美と、足枷って感じですかね?w

レスポール買ったのが一昨年の12月。15ヶ月でまたギターに手を出すとは自分でも意外ですが(笑)

ギターはよく女性に例えられます。今度の娘は1987,8年頃生まれ。いい頃だ〜(笑)イイ声出してくれます♪

この三日ばかり、時間あれば弾いてる。さすがにアコギだから音デカいので弾ける時間帯に限りがあるんだけど、もう楽しくって仕方ない。指先痛いのを我慢しつつ弾いてます。

チューナーも新調した。アコースティックギターなのでクリップ式が便利と思ってたところに、たまたま寄った楽器屋でセール品をゲット♪必要十分な機能です。

クリップ式クロマチックチューナー WST-523

クリップ式クロマチックチューナー WST-523
中国
売り上げランキング : 8517

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ところで、その昔、ハンマープライスっていうとんねるずがやってた番組で、ストーンズが出品したギターがあったのね。(4本まとめて300万オーバーで落札されてた)あの時のギターってGUILDじゃなかったっけ?マーチンだったっけ?どなたか覚えてらっしゃいません?w

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-07-03
売り上げランキング : 10135

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今回の大地震と津波で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

峰不二子はマリアンヌ?

うちのオフクロが、名作映画なのか、ビデオだかで「太陽がいっぱい」を観たらしく「やっぱりアラン・ドロンが最高♪ ペ・ヨンジュンもイ・ビョンホンもブラッド・ピットも及ばないね」と、突っ込みどころ満載の感想をikukoに嬉しそうに電話してきたらしい(笑)

「そういえば、アラン・ドロンの映画に出てたのってアニタだっけ?マリアンヌだっけ?」ってikukoに聞くと「は?誰?」と orz

いやいや、ストーンズの「女たち」だろ(笑)

 

でね、誰がどれに出てたっけ?ってwiki見てのね。

『1968年に公開されたアラン・ドロン主演の『あの胸にもういちど(The Girl On A Motorcycle)』にマリアンヌ・フェイスフルがヒロイン役で出演』と。

そこで、以下の様な記述が…

なお『あの胸にもういちど』のヒロインは『ルパン三世』に出てくる峰不二子のモデルになったと言われている(ヒロインが全裸に皮のライダースーツでバイクに乗るシーンのオマージュが、「ルパン三世 ルパンVS複製人間」冒頭シーンである)

wiki :マリアンヌ・フェイスフル/映画女優として

「何〜!?あの色気全開の不二子ちゃんが、清楚なマリアンヌなの?」とw。ミックの恋人だったマリアンヌには大して興味なかった僕は当然映画も観た事も無く…youtube探しました(笑)

なるほど(笑)か?(笑)

アラン・ドロンが、マリアンヌの革のツナギのフロントファスナーをくわえて下ろすところなんか…イイっすなぁ(笑)

そのマリアンヌ・フェイスフル、ストーンズ絡みでボロボロになり、ドラッグでも大変な目にあったようですが、歌手活動も継続中だそうで。我らがキース(Happy Birthday!keef!)はミックに成り代わって、罪滅ぼしの想いも含めてレコーディングに参加してるそうです。

 

LEGEND OF ROCKに釣られましたw

宝島社から出てる“LEGEND OF ROCK SUPER BEST DVD”を買った。全33アーティスト33曲収録で¥1,260-!!一曲あたり40円切ってるっていう(笑)この価格、このジャケット見たらそりゃ釣られますってw

ドイツのTV番組で放送されたスタジオライブが主な内容。収録曲は…

  • 01.Deep Purple「Highway Star」
  • 02.Led Zeppelin「Whole Lotta Love」
  • 03.Jimi Hendrix「Purple Haze」
  • 04.Black Sabbath「Iron Man」
  • 05.The Rolling Stones「Tumbling Dice」
  • 06.The Who「My Generation」
  • 07.T. Rex「20th Century Boy」
  • 08.Free「All Right Now」
  • 09.The Knack「My Sharona」
  • 10.The Kinks「You Really Got Me」
  • 11.Chuck Berry「Johnny B. Goode」
  • 12.Stevie Wonder「Higher Ground」
  • 13.Cream「Strange Brew」
  • 14.Heart「Barracuda」
  • 15.Ramones「Sheena Is A Punk Rocker」
  • 16.New York Dolls「Personality Crisis」
  • 17.Alice Cooper「Public Animal #9」
  • 18.Scorpions「We’ll burn the Sky」
  • 19.UFO「Boogie」
  • 20.Thin Lizzy「Whiskey In The Jar」
  • 21.Slade「Mama weer all crazee now」
  • 22.Yes「I’ve Seen All Good People (Pt. 2: All Good People)」
  • 23.King Crimson「Larks’ Tongues In Aspic, Pt.1」
  • 24.The Police「Roxanne」 25.David Bowie「Rebel, Rebel」
  • 26.Jeff Beck Group「Definitely Maybe」
  • 27.Steppenwolf「Born To Be Wild」
  • 28.E.L.O.「Hold On Tight」
  • 29.The Beach Boys「Surfin’ U.S.A.」
  • 30.Santana「Black Magic Woman」

BONUS TRACK…

  • 31.Kool & The Gang「Celebration」
  • 32.ABBA「Dancing Queen」
  • 33.The Jacksons/Keep on Dancing

これだけ揃うと、流石にお亡くなりになってる方も多いねぇ。

時代が時代だけに、余計なエフェクトが掛かった画面が要らんっちゃー要らん(笑)。スタジオライブで音のバランスが悪いのもある。フェードアウトもイラッとする。

それでも、こんだけ観れて1,260円は安い♪。てかこれは後世に遺すべきだ(笑)

ハードロック系が多くて、その辺に超疎い僕には新鮮w。誰とは言わないけど、初めて動いてるとこ見るバンドの多い事(苦笑。

あと、特に後半、“ROCK”で良いの?ってグループも(笑)

これまた忘年会のネタが出来ましたw。てかね、これ、酒飲みながら観たら盛り上がること間違い無しw

LEGEND OF ROCK SUPER BEST DVD ~豪華アーティストの貴重映像 世界を変えた33曲収録 (DVD付)
4796679774

思い出連鎖

Twitterに書きかけて、とても140文字に収まんなくて、連投するのもアレなんでこっちに書きます。

しかし、久しぶりの日記がこんなんでいいのかね?っていうね(苦笑

高速の太宰府ー筑紫野間の工事渋滞、噂には聞いてたけど、初めて実感した今日。夕方の上り車線とか平日なのに7km渋滞で時速20km/hですぜ。

でね、渋滞と言えば…ってつらつらと思い出してたのね。

渋滞と言えば若かりし頃のバンドワゴン。

◉オートポリスにライブしに行ってたゴールデンウイーク。超渋滞にハマって所要時間8時間で大遅刻。
リハ無しで臨んだ本番。当日のスペシャルゲストがハナ肇さんだったなぁ…とか、

◉東名阪へのツアー中、超渋滞で車が動かないので道路に出て路肩でキャッチボールしたり、したなぁ…とか、

◉トンネルの中でピタッと動かなくなった時は、エアコンの無い車内は地獄だったなぁ…とか、

◉渋谷道玄坂を登って行くカップルを横目に、坂の途中にあった僕らの宿舎は3段ベッド(!)の部屋で、駐車料金の方が宿泊費より高かったりしたなぁ…とか、

◉中野区で路駐で停めてたら、翌朝にはチョーク痕しかなくて、仕方なくメンバー全員で歩いて出頭したら「ここじゃない。隣の区の警察署」って言われて、また歩いたなぁ…とか、

◉ラ・ママで機材を積み込む時に、箱買いしてきてた貴重な食糧の博多ラーメンを忘れて出ちゃったなぁ…とか、

◉横浜のライブハウスでは、ライブ後にそこのマスターに説教されたなぁ…とか、

◉千葉では客が4人しか居なかったなぁ…とか

◉埼玉で深夜に辿り着いたシャワーの出の悪いホテルは、部屋が襖で覆われてて、開けると全部カガミだったなぁ…とか、

◉前述の渋谷のホテル(?)で細身の長髪が4人並んでシャンプーしてたら、後ろから入って来たオッサンが女風呂と勘違いして慌てて出て行こうとしてたなぁ…とか、

◉身も心も疲れ果てて、メンバー間も何となくギスギスして居心地悪くなったツアー帰りの壇ノ浦でエンジンが逝っちゃたのがトドメだったなぁ…とか、

◉ツアー行ってる間は働いてないから、帰ってからは極貧の日々だったなぁ…とか

途中から、渋滞に全く関係無い話に脱線しちゃってるし。
しかも途中までは、思い出して笑えてたのが、段々ドンヨリしてくる思い出になってくるし(笑)

まぁ「実」にはならなかったけど、数々の楽しい思い出と、何よりの「一生の友」が出きた大切な青春ですな。

「ギターやROCK(ストーンズや清志郎)に出逢わなかったら、もっとマシな人生だったろうな」って思うわけよ。
「でもな、そんな人生、クソ食らえ!って思わねーか?」ってね♪

今日届いたストーンズの1973年のライブDVDにミックのインタビューが収録されてて、ミックが嬉しそうに当時を振り返ってたのを観た影響かなぁ。