Fender Mustang Ⅰ

ここでもTwitterでも、もうずっとグズグズ言ってるFenderのMustangMini。全然発売のアナウンス無いし、Miniのpdfの取説(こちら)見たらMustang1と変わりないみたいなので、待ちきれずにMustang1(20W)を買いました。今回も国内最安のサウンドハウスさんから(最安はココ)。

毎度のことながら、昼頃注文、即送料込みの見積もりが来て、そのままコンビニ支払いすると即日発送して頂けるので、関東から福岡まで中一日で到着。

手放す訳にはいかない(こないだ売ろうとしてたクセにっ)Twin Reverbとのツーショット。

OrangeのClash10は他所に嫁ぎ〜の、amplugのVOX AC-30はThunderbirdと一緒に京都在住(笑)、iRigは次男の下で大活躍中。

と、今まで使って来たヘッドフォンでの音出しが絶対条件のギターアンプ類。どれもが一長一短でした。iRigが録音まで出来ることを考えると一番なんだけど、音量的な面でもう少し欲しい(次男や嫁さんには既に耐えられない音量らしいんだけど…)。

このMustangシリーズの特徴は、Fender Fuseっていうソフトウェアでアンプ本体とMac(PC)をUSBで接続(ケーブルは同梱されてる)、画面上でアンプ、ペダル、ラックを操作して音が作れること。

ユーザー登録をしてログインすると、ユーザーがアップロードしたプリセットファイルをダウンロードして使えるのも良い。

ソフトはMac用、PC用が無料でダウンロード出来る(こちら)。

日本語のPDFマニュアルなんかはあるものの英語のソフトなので、用語等は慣れが必要。インターフェイスも直感的にイケるとこと迷うところがある。

Mac(PC)上で作ったプリセットを上書きで保存出来るようなんだけど、アンプの操作の方が分かりづらい(^^;)

液晶とかあると分かりやすいんだろうけど…

うちはマンションなので、このMustang1にUSBでMacを、音源はAUXでiPodを繋いで取り込んで、ヘッドフォンをMustang1に差してギター弾いてます。

って訳でまだまだレビューするとこまで行ってないのに書いちゃいました(笑)

1万2千円前後のアンプなのに、これで十分遊べます。

デフォルトのプリセットのオーバードライブをちょっとイジっただけのセッティング。うちのテレキャスもレスポールも痺れる音が鳴りました。もうパンチアリ過ぎて耳鳴り止まないんです(笑)

ついに…

だんだんと更新頻度が減って行き、ついに今月は何も投下することが出来ませんでした。

暇がないっちゃー無い。あるっちゃーある。

ネタもないっちゃー無い。あるっちゃーある。

ここの右っかわ見てもらったら分かる通り、Twitterの方へは“うざい”位呟いておりますので、

興味のある方はこちらへどうぞ。

またそのうち「これはこっちでしょ!」ってのがあったら書きます。

あっ、実はMacBookProの17インチの高スペックなヤツを買ったりしてます(笑)別に普通のMacなのでとりたててレビューとかしないですけど(笑)

あっ、大濠板からジャンプしてくださってる方へ。毎度覗いてくださってありがとうございます。

RSS登録して頂くと、更新があったときが分かるので便利ですよ。(いや、わざわざ更新無くても見にきてくださってる様なので悪いなぁと思って…)

俺(わたし)ですよ〜って言ってもらうと変な安心感覚えたりもします(笑)

“趣味”だと言ってたが、これは今後もっと化けるかもよ。

思いがけず、Apple TVが我が家にやって来た♪

『日本でもiTunesで映画のレンタルも販売も始まったし、欲しいっちゃー欲しい』って思っててしばらく忘れてた(笑)ところに、バレンタインにikukoからプレゼントされました♪

Jobsの“趣味”で開発され(2007年当時のJobsが『ホビーだ』って言ってる記事はこちら。)、今回(2010年11月)のアップデートで進化したApple TV。

大胆にもストレージを排除して、MacからはLAN接続もしくはWI-FIでコンテンツを転送する仕組み。TVにはHDMIケーブルで接続。

ストレージを排除したお陰で本体はびっくりするくらいコンパクトに。手のひらサイズになっておりました。 付属するリモコンも最近のMacの様に、アルミのユニボディ、継ぎ目のない削り出しで重みもしっかりある見事なリモコンw。

Apple製品にしては珍しく取り説が『数頁』あり、設定もスムーズに完了♪

iTunesのホームシェアリングを利用して、ライブラリーにある音楽、ポッドキャスト、ビデオ、写真を転送して大画面TVで楽しむことが出来ます。iPhone用にHandBrakeでDVDを取り込んだビデオも解像度に問題なく再生出来た♪

また、AppleTVは直接インターネットに接続出来るので、youtubeを検索したり、自分のyoutube IDのお気に入りも再生可能。

mobile meのコンテンツも再生出来るので、今後一層のアップデート(一部噂では無料化って話も出てる)で大容量クラウドからの再生ってのにも期待大ですね。

ただ、付属のリモコンでの操作は少々難儀(苦笑。カーソル動かしてアルファベット入力してると、MacのFront Rowが反応していちいちiTunesで曲が掛かったりするのは…我が家が狭いせい?(笑)

そこで登場するのが、iPhoneやiPadアプリの“Remote”♪ キーボードやタッチ操作でAppleTVが操作出来る。これはめっちゃ便利♪

Jobsが「趣味の製品」って言ってた割に、ちゃんと“今後”に活かせる製品だと思います。きっとiPadと同じ様に、使い方やクラウド化の進捗で大いに化けるんじゃないかなと。

まぁ尤も、AppleTV購入翌日にAppleからのアンケートメールが来て、その中の項目の一つに「お持ちのApple製品にチェックしてください」ってのがあって、『Mac、iPod、iPhone、iPad、AppleTV』全ての項目にチェック入っちゃう僕が言う事ですから、その辺差し引いて下さい(笑)

でも、¥8,800-はお買い得だと思いますw

iTunesビデオレンタルしてみようかなぁ…

Apple Apple TV MC572J/A

Apple Apple TV MC572J/A
アップル 2010-11-11
売り上げランキング : 286

Amazonで詳しく見る by G-Tools

全ての“音”を飛ばそう♪

*追記あり

相変わらず音楽再生機器が、MacとiPhoneとiPadとiPodしかない我が家。(あっ、ラジカセがあった!)

外部スピーカーはJBLのウーハー付きのスピーカーがあって、それをAirMacExpress(Wi-Fiルーター)に繋いで音楽を聴いてた。


このAirMacExpressにはスピーカージャックがあって、ミニプラグで繋ぐと、iTunesからWi-Fiを通して音楽を飛ばせる。(因みにUSBも付いてるのでプリンタも繋げる。)ただ、iTunesの音楽のみが飛ばせるだけなので、ブラウザで観てるYouTubeの音とかは飛ばせない。

そこで今回、BELKINMusicReceiverってのを買ってみた。これはiPhoneやiPadからBluetoothを通して外部スピーカーに音を飛ばせるってうたってある商品。


サイズも4センチ角くらいの小型ボディ。僕はAppleのOneDayセールで通常¥4,980-を¥3,780-の特価で買いましたが、

Amazonでは¥3,800です(笑)→BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA

これ買ってみて大正解♪

MacからもiPhone、iPadから全ての音を飛ばせる!音楽だけじゃなくて、ブラウザもゲームの音も!

コーヒーテーブルに置いてるiPad、いつも持ってるiPhone、何故か食卓にあるMacから、いつでもウーハー付きの外部スピーカーから♪…って訳にはいかないですよ念のため(笑)。ちゃんと直前まで繋いでた機器のBluetoothをOFFにして、こっちのBluetoothをONで…っていう手順さえ踏めばOK♪。

♪   ♪   ♪   ♪

BGMに音欲しいなぁって時は、iTunesには“ラジオ”があるから、Top40やってるストリーミング聴いたり、Bluesチャンネルに合わせたりします。

iPhoneやiPadのiTunesにはラジオは無い。そこでアプリのご紹介。


AccuRadioって無料アプリ(iTunesリンクはこちら

気分に合わせて、いろんなジャンルの音楽を聴きながら…まったりするには最適です♪

BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA
B00405SCVU

*追記

2年強前のエントリーですが、割とこのReceiverでの検索でお越し下さる方がいらっしゃるようなので…

実はもっと良さげなのが、発売されます。

PTM-BTR1

Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
プリンストンテクノロジー 2013-02-15
売り上げランキング : 1643

Amazonで詳しく見る by G-Tools

BELKINのはペアリングが出来ずに、いちいちそれぞれから繋ぎ直さなければいけませんが、こちらは8台までペアリング出来るようです。

まぁBluetoothですから、音はアレかもですが、便利そうです♪

詳しくはこちら

Wi-Fi iPadを3G回線でブラウジング

って聞くと、何やら怪しげな感じしますけど(笑)、そうではなくて、立派にAppleの審査に通ったアプリの話。

CoBrowserってアプリ(有料)をTLで教えてもらって、即ダウンロードしてみました。iTunesリンクはこちら

要は、BluetoothでiPhoneで表示させたブラウザ画面をiPadにも表示させるってこと。なので脱獄もデザリングも関係ない話。

やり方は簡単♪

まず、iTunesでアプリを購入。iPhoneとiPadにインストール(僕はiPhoneのApp Storeで購入後、Macで同期して、iPadにインストールしました)。iPhone、iPad両方のBluetoothをオンにしてCoBrowserを立ち上げる。

まず、iPhone側はHostをタップ


iPad側はJoinをタップ。


すると、iPhone側でiPadに繋ぎます?って聞かれるのでYES


するとiPhoneで表示させた画面がiPadに表示されるってわけ。


iPad側でページを移動しようとすると、iPhone側にいちいち「良いの?」って聞いてくるのがメンドクサイっちゃーメンドクサイ仕様ではあるんだけど…


僕の様に(ケチって?w)iPadをWi-Fiモデルにしちゃって、ポケットWi-Fiとかも持ってなくて、でも外でどこでもiPadでブラウンジング出来たらなぁって思う人には、慰めにはなりそうなのかな?(笑)

単純にiPhoneの画面をiPadに拡大して見てるだけって言えばそれだけではあるんだけど…

iPadで3G契約ぢゃない一番の不便さは外でMapが使えないってこと。これがあれば、GoogleMapを使って、移動中はムリとしても、途中停まってiPadの大きな画面で地図で現在地や経路を確認することは出来るはずだよなぁと思います。

今回は、とりあえず家の中で試すためにiPhoneとiPadのWi-Fiを切って検証してみました。

今度は外で試してみよう♪

 

 

 

フルボリュームでギターを鳴らせ

やっとのことで手に入れることが出来た“iRig”。どこの楽器屋サイトみても「人気商品の為、入荷日未定」とかなってる日が続いてて、やっと見つけて東京の楽器屋から送ってもらいました。ところが、その注文した日にAppleStore天神店に在庫があることが分かったりして凹んだりもしたんだけど(送料とか手数料とかムダだったorz)、なんやかんやで今日手元に届いた。

要はコレってギター(やベース)をiPad(iPhone)に繋ぐ為のインターフェイス。アプリも無料から2,300円くらいまでいろいろあって、今回僕はAmplitubeってアプリのiPad版とiPhone用の無料版をダウンロード。

このアプリにはiPhone用(iPadとの併用版)の無料版とLITE版と、iPad専用版があって、それぞれ使える機能(アンプ、エフェクター)に限りがあるって違い。

iPad版はエフェクターを4つまで表示できる。

2,300円のフルアプリを買うと、エフェクターは11個(Delay、Fuzz、Distortion、Overdrive、Wah、Env Filter、Chorus、Flanger、Phazer、Octave、Noise Filter)アンプは5種類(CLean、Crunch、Lead、Metal、で残り1つはベースアンプ)にキャビネット5種類にマイク2種類の組み合わせで音を作れる。

僕は実際、エフェクターって、今はオーバードライブとワウしか持ってないので、音が揺れる系のエフェクターが物珍しくってつい遊んじゃう(笑)

他にもTOOLとして、チューナーとメトロノームが付いてるってのも便利。

ただね、アプリ側の問題というか、Apple側の仕様なのか、iPhoneやiPadに入れてる音楽に合わせてギターを弾くってことが出来ないのね。音楽に合わせて弾きたい時は、同じWI-FIネットワークに繋がったMac(PC)のブラウザにURLを入力してファイルを送って…っていう、これちょっと不便なんだよね。iTunesの同期でファイル共有からドラッグ&ドロップでも出来れば…っていうか、なぜiPod上の曲が使えない?

それに音楽流しながらギター弾くと音的に「これどうよ?」って感じが無くもない..。ミニプラグのヘッドフォンだともう少し違うのか?って思わないでもないが、ミニプラグ変換アダプターはNGとあるので、僕はiPhone付属のイヤフォンで使ったので、どうも音がごった煮(苦笑。つーか、割れてるつーか…

それでも、僕のツインリバーブから出る生音とは雲泥の差(テレキャスターを繋いだら一聴瞭然)ではあるものの、十分プラグドなギターを楽しめる。

何せ今日届いたばかりなので、アンプやエフェクターの細かいセッティングまで詰めれてないので、もう少し熟れてくればもっと楽しめると思う。(あくまで自慰行為ですがw)

販売元のIK MultimediaのiRigのサイトはこちら

IK MultimediaのYouTubeチャンネルはこちら

アタマがガンガンする程の爆音でギター弾くってのは、現役時代にもそんなに経験ないんだけど(笑)、ストレス解消にはものすごくなります。

なんか知らん人にガキとか言われちゃってるけど(笑)、40も半ば前のすっかりオヤジなもんで…ストレス解消は必要なんです(笑)

僕のiPadアプリいろいろ

iPhone4を予約したからって、iPadを忘れてるわけぢゃございません。

このブログを書くのに、iPhone/iPadユニバーサルアプリの“wordpress”を使って、iPadからポストを何度も試みたんだけど、キーボードで使用言語を日本語→英語に切り替えると、折角書いたものが消えちゃうって現象に悩まされてた。
そんで、WordPressのTwitterアカウントにメンションで症状を報告したら、あちらでも検証出来たらしく、「本家の方にバグ報告しました」って返信が来た。次期アップデート等で改善されてると嬉しい。

ブラウザ。
デフォのSafariがイマイチどうだこうだってことは無い。ただ、タブ切り替えがメニューバーに無いので、不便。
それで、“SplitScreen”っていう、二画面表示できるブラウザをダウンロード。Googleリーダーに登録してるRSSを一画面に表示して…って方法を取ってブラウンジング。
まぁこれでも良かったんだけど、もっと便利なブラウザを発見。
Atomic Web Browser
何が便利って、Macのブラウザのブックマークを同期出来るのよ。FireFoxだろうが、Chromeだろうが、ブックマークをエクスポート出来れば、それを読み込める。
しかもタブ表示可能。
設定が山の様にあったり、英語だったり(苦笑)、して多機能過ぎる感がないでもないが、便利さは秀逸。このアイコンだけはどうにかならんのか?w

Twitterクライアントは“Osfoora HD”に鞍替え。さすが有料アプリだけあって、無料アプリにないものがあってお気に入り♪
「iPadにはカメラ無いからダメ!」って言うなら、“Camera for iPad”。
iPhoneとiPad両方にアプリをインストールして使うアプリ。
要はiPhoneのカメラをiPadで操作出来て、そのまま取り込める。いいんぢゃない、別にコレでw

GoogleEarthもスゴいよ。
iPadの傾きで鳥瞰表示になる。画面をちょっと斜めにして、指で画面をスーッとフリックすると、まるで飛んでるようだw

最後に。
mobile meがアップデートされたので、iPadでmobile meを開こうとすると、

こんな画面が出てくるのね。確かにそれぞれのアプリをインストールすれば、ブラウザで開く必要が無いってのは分かる。

分かるんだけど、iPhoneを探す“Find iPhone”以外はユニバーサルアプリぢゃない!っていうAppleの怠慢さ(笑)