ガッチリ守ろう♪

もうiPhoneが無いと、どうにもこうにもならない毎日を過ごしてる訳ですが(笑)
ほんとは裸のまま持ってるのがカックEんだけど、それはそれで落下時に大きなリスクを背負うことになる。
世にあるiPhoneケースやバンパー、数こそあれど、なかなかコレ!ってのに巡り会わなくないです?

例のアンテナ問題プログラムで、アップルから送られて来た純正バンパーは気に入ってたんだけど、耐用年数が一年無いね。シリコン部分が劣化しちゃってブヨブヨになってきてた。

で、意を決して(言うほど金出してませんっ)メタル製のバンパーを購入。

いろいろ迷って決めたのがこのBLADEってやつ。アルミだかジェラルミンだかの削りだし加工された一品。
このBLADEは表裏でビス止めして固定するタイプ。コの字型のバンパーも多いけど、あの流線型フォルムが僕には合わなくて、このBLADEを選んでみた。

まずは内容物(組み立てた後にまたバラして写真撮ったので一部使用済み)を紹介。
表裏のバンパー本体と、ボタンが3つ、予備を含めたネジ、ちゃんとした(?)ドライバー、それと緩衝剤と組立図。

まずは緩衝剤をバンパーの内側に固定。糊材付きのスポンジ製の緩衝剤は丸と長方形の2種類。組立図にある箇所と念の為にアンテナ部分にも貼付ける。

ボリュームボタンとスリープボタンを裏からはめて、iPhone本体をセット。

このBLADEはバンパーと裏のベゼルが多色あって、いろんな組み合わせが選べる。(実はこのベゼル部分が表に来ると思ってたのよね)

僕が選んだのはシルバー色バンパーに赤いベゼル。赤って言ってもロゼっぽいっていうか、メタリックレッドって感じの赤です。

これを付属のドライバーを使って、4カ所にビス留めで固定。

ドックコネクターやイヤーフォンへのアクセス及び位置取りの精度はバッチリ。イヤーフォンに関してはジャックがちょっとでも大きいタイプのものはダメです。

iRigも刺さらないっていう…実はこれはちょっと凹みましたが…(笑)

で、装着後がこちら↓。

すごく軽い材質なので、バンパー装着後に特に重たくなったってのは感じません。

ただ滑りにくいってのはありません。滑ります、当たり前です(笑)

アンテナ、受信感度に関しては…感度は絶対下がります!!

電波状態の良いところでは変わりませんが、ちょっとでも悪いとこではより悪化します。電波状態の悪いとこでポケットに入れてると、不在着信留守番メールがどんどん来ます(笑)いや、笑いごっちゃないですね。電話ですから。

それと、バンパーを強く握るとボリュームボタンに干渉してしまいます。車載用の挟んで固定するタイプ程度の圧力でボリュームが下がったりします。。

もう『そのバンパーどうなのよ?これ使うってどんだけMなのよ?商品名出して大丈夫なの?』って声が聞こえてきそうですが(笑)

良いんですぅ!側面からの衝撃からはガッチリ保護してくれる!何てったってカッコイイっしょ?(泣)

それにこのバンパーにはストラップホールが開いてて、iPhoneには無縁な筈のストラップが付けられるんです!!

ただ、組み立てた後にストラップ通そうと思ってもムリです。もう一度バラしましょう。もちろん僕はバラしました(笑)

それで、ずっと取ってあったストラトキャスターのストラップを勇んで付けてました…休みの日には。

在りし日のストラトストラップ↓

そしてここには大きな落とし穴が…。

硬質バンパーに開いてるストラップホール、摩擦でストラップ切ります (T-T)

お陰で大事なストラトを無くしました。多分今頃どこぞの中学生の机の上に飾ってあるかと…(中央体育館で拾ったヤツ!捨てんなよ!せめて飾れ!)

そして無くしたからって、いつまでも泣いていませんっ。

どーだ!どーんっ!!

まず、漫画「けいおん」の何とかって子が使ってるモデルらしいトラ目のレスポールのストラップをオークションで。

漫画「BECK」のギターコレクションっていう1/12スケールのフィギュア9種BOXってヤツをフィギュア屋さんみたいなとこから購入。ほ〜らストラトが帰って来た♪(僕的にはザックワイルドモデルは… (^∇^;)ハハ…まぁいいか(笑。)

(あ、因に僕『けいおん』も『BECK』も知りません(笑。)

フィギュアって細かいのね〜めっちゃ感心した〜。ゴールドトップもテレキャスもめっちゃ気に入った!ストラップにするにはちょっと加工が必要なんだけど、そうしようかなぁ…もう落としたくないしなぁ…って迷ってますw。

ストラップが付けれるバンパーだった→ストラップ探そ♪→どうせならギターだろ?→もうギターフィギュア最高!!←イマココ(笑)

BECKシリーズいろんなのあります。他にもグレッチのとかゼマティスのとか…あぁハマりそう♪

BECK ギターコレクション アコースティック・ギタースペシャル BOX

B001FB6U2K

関連商品
BECK ギター コレクション 4th ステージ BOX
Ovation Guitar Collection ~The Guitar Legend~ BOX
THE GUITAR LEGEND / ザ・ギターレジェンド by Zemaitis&Greco BOX
BECK ドラム コレクション 3rd ステージ (BOX)
GRETSCH Guitar Collection グレッチ ギターコレクション The Guitar Legend BOX
by G-Tools

全ての“音”を飛ばそう♪

*追記あり

相変わらず音楽再生機器が、MacとiPhoneとiPadとiPodしかない我が家。(あっ、ラジカセがあった!)

外部スピーカーはJBLのウーハー付きのスピーカーがあって、それをAirMacExpress(Wi-Fiルーター)に繋いで音楽を聴いてた。


このAirMacExpressにはスピーカージャックがあって、ミニプラグで繋ぐと、iTunesからWi-Fiを通して音楽を飛ばせる。(因みにUSBも付いてるのでプリンタも繋げる。)ただ、iTunesの音楽のみが飛ばせるだけなので、ブラウザで観てるYouTubeの音とかは飛ばせない。

そこで今回、BELKINMusicReceiverってのを買ってみた。これはiPhoneやiPadからBluetoothを通して外部スピーカーに音を飛ばせるってうたってある商品。


サイズも4センチ角くらいの小型ボディ。僕はAppleのOneDayセールで通常¥4,980-を¥3,780-の特価で買いましたが、

Amazonでは¥3,800です(笑)→BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA

これ買ってみて大正解♪

MacからもiPhone、iPadから全ての音を飛ばせる!音楽だけじゃなくて、ブラウザもゲームの音も!

コーヒーテーブルに置いてるiPad、いつも持ってるiPhone、何故か食卓にあるMacから、いつでもウーハー付きの外部スピーカーから♪…って訳にはいかないですよ念のため(笑)。ちゃんと直前まで繋いでた機器のBluetoothをOFFにして、こっちのBluetoothをONで…っていう手順さえ踏めばOK♪。

♪   ♪   ♪   ♪

BGMに音欲しいなぁって時は、iTunesには“ラジオ”があるから、Top40やってるストリーミング聴いたり、Bluesチャンネルに合わせたりします。

iPhoneやiPadのiTunesにはラジオは無い。そこでアプリのご紹介。


AccuRadioって無料アプリ(iTunesリンクはこちら

気分に合わせて、いろんなジャンルの音楽を聴きながら…まったりするには最適です♪

BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA
B00405SCVU

*追記

2年強前のエントリーですが、割とこのReceiverでの検索でお越し下さる方がいらっしゃるようなので…

実はもっと良さげなのが、発売されます。

PTM-BTR1

Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
プリンストンテクノロジー 2013-02-15
売り上げランキング : 1643

Amazonで詳しく見る by G-Tools

BELKINのはペアリングが出来ずに、いちいちそれぞれから繋ぎ直さなければいけませんが、こちらは8台までペアリング出来るようです。

まぁBluetoothですから、音はアレかもですが、便利そうです♪

詳しくはこちら

Wi-Fi iPadを3G回線でブラウジング

って聞くと、何やら怪しげな感じしますけど(笑)、そうではなくて、立派にAppleの審査に通ったアプリの話。

CoBrowserってアプリ(有料)をTLで教えてもらって、即ダウンロードしてみました。iTunesリンクはこちら

要は、BluetoothでiPhoneで表示させたブラウザ画面をiPadにも表示させるってこと。なので脱獄もデザリングも関係ない話。

やり方は簡単♪

まず、iTunesでアプリを購入。iPhoneとiPadにインストール(僕はiPhoneのApp Storeで購入後、Macで同期して、iPadにインストールしました)。iPhone、iPad両方のBluetoothをオンにしてCoBrowserを立ち上げる。

まず、iPhone側はHostをタップ


iPad側はJoinをタップ。


すると、iPhone側でiPadに繋ぎます?って聞かれるのでYES


するとiPhoneで表示させた画面がiPadに表示されるってわけ。


iPad側でページを移動しようとすると、iPhone側にいちいち「良いの?」って聞いてくるのがメンドクサイっちゃーメンドクサイ仕様ではあるんだけど…


僕の様に(ケチって?w)iPadをWi-Fiモデルにしちゃって、ポケットWi-Fiとかも持ってなくて、でも外でどこでもiPadでブラウンジング出来たらなぁって思う人には、慰めにはなりそうなのかな?(笑)

単純にiPhoneの画面をiPadに拡大して見てるだけって言えばそれだけではあるんだけど…

iPadで3G契約ぢゃない一番の不便さは外でMapが使えないってこと。これがあれば、GoogleMapを使って、移動中はムリとしても、途中停まってiPadの大きな画面で地図で現在地や経路を確認することは出来るはずだよなぁと思います。

今回は、とりあえず家の中で試すためにiPhoneとiPadのWi-Fiを切って検証してみました。

今度は外で試してみよう♪

 

 

 

まるでギターキッズの様な最近。

ここんとこすっかりギター少年のココロを取り戻しつつある44歳男子ですが(笑)

前回紹介した(ココiRigAmpliTubeですが、iPhone版もiPad版(追記:iPad版もアップデートされてますが、何か変わった?ってくらいのアップデートの様です)もアップデートされて、これまでのWI-FIでしか曲を取り込めなかったのが、iTunesから出来る様になったり、iPod内の曲が取り込める様になりました。(他にも録音出来たりetc…)

それはそれで良いんだけど、iTunesから購入した曲は取り込めないんです。mp3にならないから(保護されてる)。っていう、何だそれ?結局CD等から落とした曲しか使えないってのは色々大人の事情もあるんでしょうが、納得いかないw。

親友の相棒にもiRig薦めてて、つい先日「買ったよ♪」とメールが来たところのタイミングで…Twitterで「VOX amPlug」って商品を知った。

VOX ヘッドフォンアンプ amPlug アンプラグ AP-AC AC30

存在はずっと知ってたんだけど、これってコレ自体から音が出る小型アンプと勘違いしてました。で、調べてみるとiRigより事が早い(笑)こいつをギターにプラグインして、本体のAUXにミニプラグでiPod繋いだら全て解決♪

amPlugのギター用は僕が買ったAC30以外に、LEAD,METAL,CLASSIC ROCK,Acoustic,にJoe Satrianiのシグネチャーモデル、に、なんと「けいおん」モデルまであります(笑)

で、僕のタイプ的にAC30だろうと思って探すも品切れ続出中。Amazonに発注掛けるもいつ入荷するか分かんない状態だった。

それが、何となく仕事帰りに寄った楽器屋で見つけた!!!!

しかも最後の一個!その場でiPhoneでAmazonにキャンセル掛けて…ってしてたら店の人が「値段合わせますよ」と!

Amazonが最安で3,500円。店の値札は3,900円。元は4,900円くらいする物。「スミマセン、あいだ取って3,700円で良いですか?」って言われて、元々値切る気なんて無かったので「こちらこそ無理させてスミマセン」と(笑)

実はその楽器店で最近ストラップを買ったのね。コレ↓


スタッズが付いた革製ストラップなんだけど、398円のカゴに入ってたのよ。店の兄ちゃんに「これ幾ら?」って聞いたら「そのカゴに入ってるのは398円です」と!6,980円の値札付いてるのに、そんなに人気無いの?って苦笑いしながらレジに持ってってピッってしたら…「スミマセン、1,980円でした…」と平謝り(笑)そりゃそうだろ?って笑いながら買って帰った曰く付きの店(笑)

そん時の店員さんと違ったのに、頼みもしないのに値引きしてくれて、何か嬉しかった〜w

早速家に帰ってギターにプラグイン♪

ヘッドフォンでも音が変わりますって言うので、息子のBOSEのヘッドフォンを奪ってね♪。

GAIN、TONE、VOLのシンプル設定。フル10だと耳痛い(笑)P90搭載レスポールと、テレキャスターカスタムで見事に音が違う(アタリマエ)。リバーブは無いんだけど、何となく『箱鳴り』がしてそうなイイ感じの音。

これは追々LEADとCLASSIC ROCKも買うかなぁって思ってます。

ギター装着するとこんな感じ。



その親友にも伝えてんだけど、ストラップも新調したし、着々とリハビリをこなしてるので、準備は出来てるぞー(笑)(何の準備だよ?ってメール来たけど…)

Twitterで僕のタイムラインがロックやギターの話題でいっぱいなのね。すっごい刺激になるし、ストーンズに詳しい人とか天井知らずに詳しくて勉強になってます♪

フルボリュームでギターを鳴らせ

やっとのことで手に入れることが出来た“iRig”。どこの楽器屋サイトみても「人気商品の為、入荷日未定」とかなってる日が続いてて、やっと見つけて東京の楽器屋から送ってもらいました。ところが、その注文した日にAppleStore天神店に在庫があることが分かったりして凹んだりもしたんだけど(送料とか手数料とかムダだったorz)、なんやかんやで今日手元に届いた。

要はコレってギター(やベース)をiPad(iPhone)に繋ぐ為のインターフェイス。アプリも無料から2,300円くらいまでいろいろあって、今回僕はAmplitubeってアプリのiPad版とiPhone用の無料版をダウンロード。

このアプリにはiPhone用(iPadとの併用版)の無料版とLITE版と、iPad専用版があって、それぞれ使える機能(アンプ、エフェクター)に限りがあるって違い。

iPad版はエフェクターを4つまで表示できる。

2,300円のフルアプリを買うと、エフェクターは11個(Delay、Fuzz、Distortion、Overdrive、Wah、Env Filter、Chorus、Flanger、Phazer、Octave、Noise Filter)アンプは5種類(CLean、Crunch、Lead、Metal、で残り1つはベースアンプ)にキャビネット5種類にマイク2種類の組み合わせで音を作れる。

僕は実際、エフェクターって、今はオーバードライブとワウしか持ってないので、音が揺れる系のエフェクターが物珍しくってつい遊んじゃう(笑)

他にもTOOLとして、チューナーとメトロノームが付いてるってのも便利。

ただね、アプリ側の問題というか、Apple側の仕様なのか、iPhoneやiPadに入れてる音楽に合わせてギターを弾くってことが出来ないのね。音楽に合わせて弾きたい時は、同じWI-FIネットワークに繋がったMac(PC)のブラウザにURLを入力してファイルを送って…っていう、これちょっと不便なんだよね。iTunesの同期でファイル共有からドラッグ&ドロップでも出来れば…っていうか、なぜiPod上の曲が使えない?

それに音楽流しながらギター弾くと音的に「これどうよ?」って感じが無くもない..。ミニプラグのヘッドフォンだともう少し違うのか?って思わないでもないが、ミニプラグ変換アダプターはNGとあるので、僕はiPhone付属のイヤフォンで使ったので、どうも音がごった煮(苦笑。つーか、割れてるつーか…

それでも、僕のツインリバーブから出る生音とは雲泥の差(テレキャスターを繋いだら一聴瞭然)ではあるものの、十分プラグドなギターを楽しめる。

何せ今日届いたばかりなので、アンプやエフェクターの細かいセッティングまで詰めれてないので、もう少し熟れてくればもっと楽しめると思う。(あくまで自慰行為ですがw)

販売元のIK MultimediaのiRigのサイトはこちら

IK MultimediaのYouTubeチャンネルはこちら

アタマがガンガンする程の爆音でギター弾くってのは、現役時代にもそんなに経験ないんだけど(笑)、ストレス解消にはものすごくなります。

なんか知らん人にガキとか言われちゃってるけど(笑)、40も半ば前のすっかりオヤジなもんで…ストレス解消は必要なんです(笑)

最初から付けてりゃ良かったよねw

これは映画のセットでも、コンサートホールでもありませんw。これは、Appleのラボ。電波(アンテナ、無線、wi-fi、GPS、3G etc…)を検証する施設。昨夜の会見で初めて公に出されて、Appleのサイトでは詳しく見ることが出来ます。

そう、日本時間7月17日午前2時から始まったiPhone4に関するAppleのカンファレンス。仕事で帰宅が遅かったので、ご飯食べながら追っかけてました。

iPhone4のアンテナに関するいろんな報道は、確かに一部では蜂の巣突っついたかのような騒ぎになってて、iPhoneの購入を考えてる人がその辺の記事を目にすると、きっといろいろ迷っちゃうような内容だよね。

昨日のiOSのアップデートで、そもそものアンテナ表示に関するアルゴリズムの変更によるアンテナ表示バーの変更もあってます。僕が気がついた点は、iPhone4の方が、3GSより敏感ってこと。アンテナ表示のバーの数はよく動きます。

ただ、これはiPhoneの受信感度の問題なのか、SOFT BANKの電波の問題なのか?ってのがあるよね。そこは微妙だと思う。例えばキャリアがdocomoだったらどうなったんだろうね?w

結局昨夜Appleは、iPhone4のバンパー及び一部のケースの無料配布を発表。来週末までにはAppleのサイトで詳細を発表するとのこと。どっかのサイトが「バンパーの無償配布の署名活動」とかウザいことしてたけど、その通りになってニヤついてんぢゃね?

Appleのサイトには今回の『スマートフォンのアンテナ性能』というページを追加してます。要はどのスマートフォンでも起こる問題だと。こちら

同時に、1億ドル以上を投じて建設したラボに関するページも登場。動画もUPされてます。こちら

ハード面ではバンパーの配布、ソフトウエア面でもアップデートで対応するとのこと。

あと、今月末には供給が遅れてたホワイトモデルも発売することも発表。

ま、僕はiPhone4をすっごい気に入ってるので、返品もしないし、今日なんか一日jobsみたいにケース無しで過ごしたし(笑)まったく問題無いっす!

この俺の“まさかのネガキャン”

ここんとこの更新ペースで行くと、次にいつ書くか分かんないのに、今回はまさかのネガキャン(苦笑。

予約して2週間、発売されて10日経ってようやく手元に来たiPhone4の話。

すべてを変えていきます。もう一度”の謳い文句で登場したiPhone4。デザインも一新されて、賛否両論ですが、僕は好きです。
スクエアなボディもステンレスのバインディングも。

ただ、このバインディングがアンテナになってることで一騒動起こってる訳です。

(バインディングつってるけど、これってギター用語?Appleは“スチールバンド”って言ってるようですねw)

本国アメリカではマサチューセッツとニュージャージーでは集団訴訟が起こされてる程です。

この問題の一つに、特定の持ち方で電波が途切れる…電波を受信する機器には起こりえる症状なんですが、今回のはちょっと…orz

Appleも或る意味認めちゃいまして、今回発表されてたのがコレ。

iPhone 4ユーザの皆様へ

iPhone 4の販売開始にあたっては、Apple製品の中で最も成功したものとなりました。世界中のレビューアから、これまでのどのスマートフォンよりも優れているとの評価をいただいているほか、ユーザからも好評を頂いています。
電波の受信に問題があるとの報告を聞き、我々はただちに問題の調査に乗り出しました。ここに、これまでに判明したことをお知らせいたします。

まず、ほとんどの携帯電話は、特定の持ち方をすることで受信状態が悪くなり、受信状態を示すバーが1本以上少なくなることがあります。これはiPhone 4でもiPhone 3GSでも、あるいは多くのDroid、Nokia、RIM製の携帯電話でも同じです。しかし何人かのユーザからiPhone 4の場合、本体のメタルバンドの左下角にある黒い切れ目を覆うように持つと、バーの数が4本か5本も少なくなると報告されています。これは通常よりはるかに大きな低下であり、iPhone 4のアンテナの設計の問題であると指摘する声がでてきています。

一方、iPhone 4の受信状態はiPhone 3GSよりも良いと書かれた記事や、ユーザからの喜びの声も続々と届いています。このことは私たち自身の経験や試験結果とも一致しています。

受信状態を示すバーの数が大きく減る原因を調査したところ、以下の通りとなりました。

調査の結果、電波の強さを示すバーの数を何本表示するかを計算するために我々が使っている数式が間違っていたことが判明しました。現在使用している数式は多くの場合、特定の電波の強さに対して、バーの数を誤って2本多く表示してしまいます。例えば、本来2本表示すべきところ、4本表示してしまうということがあります。iPhoneを特定の方法で握った時にバーの数が数本減る場合、ほぼ間違いなくユーザは非常に電波が弱い地域にいるはずです。しかし、誤って4本から5本のバーを表示するため、ユーザはそのことに気がつきません。バーの数が大きく減るのは、そもそも実際以上に多くのバーを表示していたためです。

これを修正するため、我々は、電波の強さに対しバーを表示するための、AT&Tの推奨する最新の数式を採用いたします。実際の電波の強さは同じですが、iPhoneのバーの表示はより正確になり、ユーザのそれぞれの場所での電波の状態もより正確に表示されます。また、1、2及び3番目のバーを少し長くし、より見やすくします。

我々は、修正した数式を組み込んだ無料ソフトウェアアップデートを数週間以内に提供いたします。この問題はオリジナルのiPhoneから存在していたため、このソフトウェアアップデートはiPhone 3GSおよびiPhone 3Gにも適用されます。

我々は研究室においてすべてを再試験したところ、従来と同じく、iPhone 4のワイヤレス性能はこれまでに我々が出荷した製品の中で最高のものとの結果を得ました。この問題を経験されていない大多数のユーザにとって、このソフトウェアアップデートはバーの数をより正確に表示するというものです。ご心配をおかけした皆様には、深くお詫び申し上げます。

尚、万一お買い求めいただいたiPhoneがお気に召さない場合は、ご購入された日から30日以内に損傷していないiPhoneをApple直営店かApple Online Storeまでお返しいただきましたら、代金を全額返金させていただきます。

これからもiPhone 4を愛用いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご理解、ご支援に感謝いたします。

Apple

iPhone4に関するAppleからのお知らせ。http://www.apple.com/jp/news/2010/jul/05appleletter.html

これは基本的な解決にはなってなくて、あくまで表示問題へのアップデート。

純正のバンパーやサードパーティー製のケースを付けると電波感度の悪さが軽減されるって話もある。

確かにね、うちの会社の特定の場所で電波感度が悪い場所があるんだけど、3GSより4の方がアンテナ表示が低い。ちなみに僕はサードパーティ製のケース付けてます(苦笑。

上の文章にあるように、余計にアンテナが立ってる(誤表示)ってことだと、そこはほとんど圏外なのか?

iPhoneは素晴らしい。もう絶対手放せない程素晴らしい。でも電話なんだよね。

電話として、電波受信感度に問題有りとなると、ちょっと致命的ぢゃん?

もうApple嫌いな人から総攻撃受けちゃうよね(苦笑。

え〜、今回は書かないけど、iPhone4は良いよ。ほんと良いとこいっぱいある!

そのうちお伝えしたいっ。すていちゅーんっw