ここまでしちゃうと引かれる?

新しいnanoが出て、“時計”として使うバンドがいろいろ発売されてるんだけど、今んとこコレが一番カッコいい♪
iPod nano 2010用レザーベルト ブラウン
B004FWEU8M

そもそも、新しいiPod nanoの時計表示がシンプルでイイ感じだし、サイズ的にも“時計”としても丁度良さ気ぢゃん!ならいっそ時計にしちゃうってどうよ?って感じのハック。

ただ、『腕に付けたiPodってイヤフォン届かないぢゃん!それってもうiPodじゃないしw』

って思う貴方にはこちらは如何でしょう?w

シグマAPO ブルートゥースI-PODオーディオアダプタ ブラック SBT01RBK
B002FZQS4A

見るところ、サイズも違和感無くiPod nanoにハマるようです♪

しかし、よっぽどのガジェット好きぢゃないとこんなことしないよね〜(笑)

だって…

Apple iPod nano 8GB グラファイトMC688J/A 【最新モデル】
B0040ZO8UE

iPod nanoが1万3千円ちょっとでしょ。

Bluetoothアダプタが4千円ちょっと。

Bluetoothのイヤフォンって、例えば

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
B003N111Y2

を選んだとして7千円ちょっと。で、計2万5千円くらいしちゃう訳でしょ(笑)

ネタとしても、おネェちゃん相手に「これ良いでしょ?iPodを時計にしてんの。これだとイヤフォン届かないから音楽聴けないじゃん!って思うでしょ?その時はコレを使うのよ(ココでBluetoothアダプタを装着)。ね?そしてイヤフォンはコレ!」

とか厭味だし、キモイ(笑)

いや、僕もそうならない様に気をつけます(笑)

↓Appleが推奨するnanoの使い方w。実はAppleのサイトのnanoのとこ見ても“時計”については触れてもないんだよね。

全ての“音”を飛ばそう♪

*追記あり

相変わらず音楽再生機器が、MacとiPhoneとiPadとiPodしかない我が家。(あっ、ラジカセがあった!)

外部スピーカーはJBLのウーハー付きのスピーカーがあって、それをAirMacExpress(Wi-Fiルーター)に繋いで音楽を聴いてた。


このAirMacExpressにはスピーカージャックがあって、ミニプラグで繋ぐと、iTunesからWi-Fiを通して音楽を飛ばせる。(因みにUSBも付いてるのでプリンタも繋げる。)ただ、iTunesの音楽のみが飛ばせるだけなので、ブラウザで観てるYouTubeの音とかは飛ばせない。

そこで今回、BELKINMusicReceiverってのを買ってみた。これはiPhoneやiPadからBluetoothを通して外部スピーカーに音を飛ばせるってうたってある商品。


サイズも4センチ角くらいの小型ボディ。僕はAppleのOneDayセールで通常¥4,980-を¥3,780-の特価で買いましたが、

Amazonでは¥3,800です(笑)→BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA

これ買ってみて大正解♪

MacからもiPhone、iPadから全ての音を飛ばせる!音楽だけじゃなくて、ブラウザもゲームの音も!

コーヒーテーブルに置いてるiPad、いつも持ってるiPhone、何故か食卓にあるMacから、いつでもウーハー付きの外部スピーカーから♪…って訳にはいかないですよ念のため(笑)。ちゃんと直前まで繋いでた機器のBluetoothをOFFにして、こっちのBluetoothをONで…っていう手順さえ踏めばOK♪。

♪   ♪   ♪   ♪

BGMに音欲しいなぁって時は、iTunesには“ラジオ”があるから、Top40やってるストリーミング聴いたり、Bluesチャンネルに合わせたりします。

iPhoneやiPadのiTunesにはラジオは無い。そこでアプリのご紹介。


AccuRadioって無料アプリ(iTunesリンクはこちら

気分に合わせて、いろんなジャンルの音楽を聴きながら…まったりするには最適です♪

BELKIN iPhone/iPod用ブルートゥース ミュージック レシーバー F8Z492JA
B00405SCVU

*追記

2年強前のエントリーですが、割とこのReceiverでの検索でお越し下さる方がいらっしゃるようなので…

実はもっと良さげなのが、発売されます。

PTM-BTR1

Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
Bluetoothミュージックレシーバー ブラック PTM-BTR1
プリンストンテクノロジー 2013-02-15
売り上げランキング : 1643

Amazonで詳しく見る by G-Tools

BELKINのはペアリングが出来ずに、いちいちそれぞれから繋ぎ直さなければいけませんが、こちらは8台までペアリング出来るようです。

まぁBluetoothですから、音はアレかもですが、便利そうです♪

詳しくはこちら

Wi-Fi iPadを3G回線でブラウジング

って聞くと、何やら怪しげな感じしますけど(笑)、そうではなくて、立派にAppleの審査に通ったアプリの話。

CoBrowserってアプリ(有料)をTLで教えてもらって、即ダウンロードしてみました。iTunesリンクはこちら

要は、BluetoothでiPhoneで表示させたブラウザ画面をiPadにも表示させるってこと。なので脱獄もデザリングも関係ない話。

やり方は簡単♪

まず、iTunesでアプリを購入。iPhoneとiPadにインストール(僕はiPhoneのApp Storeで購入後、Macで同期して、iPadにインストールしました)。iPhone、iPad両方のBluetoothをオンにしてCoBrowserを立ち上げる。

まず、iPhone側はHostをタップ


iPad側はJoinをタップ。


すると、iPhone側でiPadに繋ぎます?って聞かれるのでYES


するとiPhoneで表示させた画面がiPadに表示されるってわけ。


iPad側でページを移動しようとすると、iPhone側にいちいち「良いの?」って聞いてくるのがメンドクサイっちゃーメンドクサイ仕様ではあるんだけど…


僕の様に(ケチって?w)iPadをWi-Fiモデルにしちゃって、ポケットWi-Fiとかも持ってなくて、でも外でどこでもiPadでブラウンジング出来たらなぁって思う人には、慰めにはなりそうなのかな?(笑)

単純にiPhoneの画面をiPadに拡大して見てるだけって言えばそれだけではあるんだけど…

iPadで3G契約ぢゃない一番の不便さは外でMapが使えないってこと。これがあれば、GoogleMapを使って、移動中はムリとしても、途中停まってiPadの大きな画面で地図で現在地や経路を確認することは出来るはずだよなぁと思います。

今回は、とりあえず家の中で試すためにiPhoneとiPadのWi-Fiを切って検証してみました。

今度は外で試してみよう♪

 

 

 

まるでギターキッズの様な最近。

ここんとこすっかりギター少年のココロを取り戻しつつある44歳男子ですが(笑)

前回紹介した(ココiRigAmpliTubeですが、iPhone版もiPad版(追記:iPad版もアップデートされてますが、何か変わった?ってくらいのアップデートの様です)もアップデートされて、これまでのWI-FIでしか曲を取り込めなかったのが、iTunesから出来る様になったり、iPod内の曲が取り込める様になりました。(他にも録音出来たりetc…)

それはそれで良いんだけど、iTunesから購入した曲は取り込めないんです。mp3にならないから(保護されてる)。っていう、何だそれ?結局CD等から落とした曲しか使えないってのは色々大人の事情もあるんでしょうが、納得いかないw。

親友の相棒にもiRig薦めてて、つい先日「買ったよ♪」とメールが来たところのタイミングで…Twitterで「VOX amPlug」って商品を知った。

VOX ヘッドフォンアンプ amPlug アンプラグ AP-AC AC30

存在はずっと知ってたんだけど、これってコレ自体から音が出る小型アンプと勘違いしてました。で、調べてみるとiRigより事が早い(笑)こいつをギターにプラグインして、本体のAUXにミニプラグでiPod繋いだら全て解決♪

amPlugのギター用は僕が買ったAC30以外に、LEAD,METAL,CLASSIC ROCK,Acoustic,にJoe Satrianiのシグネチャーモデル、に、なんと「けいおん」モデルまであります(笑)

で、僕のタイプ的にAC30だろうと思って探すも品切れ続出中。Amazonに発注掛けるもいつ入荷するか分かんない状態だった。

それが、何となく仕事帰りに寄った楽器屋で見つけた!!!!

しかも最後の一個!その場でiPhoneでAmazonにキャンセル掛けて…ってしてたら店の人が「値段合わせますよ」と!

Amazonが最安で3,500円。店の値札は3,900円。元は4,900円くらいする物。「スミマセン、あいだ取って3,700円で良いですか?」って言われて、元々値切る気なんて無かったので「こちらこそ無理させてスミマセン」と(笑)

実はその楽器店で最近ストラップを買ったのね。コレ↓


スタッズが付いた革製ストラップなんだけど、398円のカゴに入ってたのよ。店の兄ちゃんに「これ幾ら?」って聞いたら「そのカゴに入ってるのは398円です」と!6,980円の値札付いてるのに、そんなに人気無いの?って苦笑いしながらレジに持ってってピッってしたら…「スミマセン、1,980円でした…」と平謝り(笑)そりゃそうだろ?って笑いながら買って帰った曰く付きの店(笑)

そん時の店員さんと違ったのに、頼みもしないのに値引きしてくれて、何か嬉しかった〜w

早速家に帰ってギターにプラグイン♪

ヘッドフォンでも音が変わりますって言うので、息子のBOSEのヘッドフォンを奪ってね♪。

GAIN、TONE、VOLのシンプル設定。フル10だと耳痛い(笑)P90搭載レスポールと、テレキャスターカスタムで見事に音が違う(アタリマエ)。リバーブは無いんだけど、何となく『箱鳴り』がしてそうなイイ感じの音。

これは追々LEADとCLASSIC ROCKも買うかなぁって思ってます。

ギター装着するとこんな感じ。



その親友にも伝えてんだけど、ストラップも新調したし、着々とリハビリをこなしてるので、準備は出来てるぞー(笑)(何の準備だよ?ってメール来たけど…)

Twitterで僕のタイムラインがロックやギターの話題でいっぱいなのね。すっごい刺激になるし、ストーンズに詳しい人とか天井知らずに詳しくて勉強になってます♪

フルボリュームでギターを鳴らせ

やっとのことで手に入れることが出来た“iRig”。どこの楽器屋サイトみても「人気商品の為、入荷日未定」とかなってる日が続いてて、やっと見つけて東京の楽器屋から送ってもらいました。ところが、その注文した日にAppleStore天神店に在庫があることが分かったりして凹んだりもしたんだけど(送料とか手数料とかムダだったorz)、なんやかんやで今日手元に届いた。

要はコレってギター(やベース)をiPad(iPhone)に繋ぐ為のインターフェイス。アプリも無料から2,300円くらいまでいろいろあって、今回僕はAmplitubeってアプリのiPad版とiPhone用の無料版をダウンロード。

このアプリにはiPhone用(iPadとの併用版)の無料版とLITE版と、iPad専用版があって、それぞれ使える機能(アンプ、エフェクター)に限りがあるって違い。

iPad版はエフェクターを4つまで表示できる。

2,300円のフルアプリを買うと、エフェクターは11個(Delay、Fuzz、Distortion、Overdrive、Wah、Env Filter、Chorus、Flanger、Phazer、Octave、Noise Filter)アンプは5種類(CLean、Crunch、Lead、Metal、で残り1つはベースアンプ)にキャビネット5種類にマイク2種類の組み合わせで音を作れる。

僕は実際、エフェクターって、今はオーバードライブとワウしか持ってないので、音が揺れる系のエフェクターが物珍しくってつい遊んじゃう(笑)

他にもTOOLとして、チューナーとメトロノームが付いてるってのも便利。

ただね、アプリ側の問題というか、Apple側の仕様なのか、iPhoneやiPadに入れてる音楽に合わせてギターを弾くってことが出来ないのね。音楽に合わせて弾きたい時は、同じWI-FIネットワークに繋がったMac(PC)のブラウザにURLを入力してファイルを送って…っていう、これちょっと不便なんだよね。iTunesの同期でファイル共有からドラッグ&ドロップでも出来れば…っていうか、なぜiPod上の曲が使えない?

それに音楽流しながらギター弾くと音的に「これどうよ?」って感じが無くもない..。ミニプラグのヘッドフォンだともう少し違うのか?って思わないでもないが、ミニプラグ変換アダプターはNGとあるので、僕はiPhone付属のイヤフォンで使ったので、どうも音がごった煮(苦笑。つーか、割れてるつーか…

それでも、僕のツインリバーブから出る生音とは雲泥の差(テレキャスターを繋いだら一聴瞭然)ではあるものの、十分プラグドなギターを楽しめる。

何せ今日届いたばかりなので、アンプやエフェクターの細かいセッティングまで詰めれてないので、もう少し熟れてくればもっと楽しめると思う。(あくまで自慰行為ですがw)

販売元のIK MultimediaのiRigのサイトはこちら

IK MultimediaのYouTubeチャンネルはこちら

アタマがガンガンする程の爆音でギター弾くってのは、現役時代にもそんなに経験ないんだけど(笑)、ストレス解消にはものすごくなります。

なんか知らん人にガキとか言われちゃってるけど(笑)、40も半ば前のすっかりオヤジなもんで…ストレス解消は必要なんです(笑)

iPadStandいろいろ

iPad使い倒してます?w

意外と重い割りに持ち出す機会もあったりするわけですが、僕の場合は98パーセント(数字に根拠はありません…)自宅使い。ソファに座って、ベッドに寝そべりながら、食卓のテーブルや、カフェテーブルに置いて使ってます。

たらたらブラウジングしたりするだけなら膝の上で十分なんだけど、ちょっと文字入力したり、書籍を読んだりするときは『スタンド』が欲しい。

純正のケースや、サードパーティ製でもサクっとスタンドにトランスフォームしちゃうのもあるけど、そこそこの値段するしちょっと大げさだったりしない?Appleの純正Dockも充電しながら使える優れものではあるけど、縦方向にしか使えない。

そこで僕が愛用してるチープだけど結構使えるスタンドをご紹介♪

普段会社でよく利用してるストア・エキスプレスってとこがある。そこで見つけた商品。値段は何と!!!280円!!!

角度も簡単に変えられて、Dockケーブルに繋いだまま縦向きにも横向きにもO.K♪これは良い買い物でした(笑)

↓これにiPadを置くとこうなります。(横置き)


↓裏から見ると…(縦置き)

かなり軽量ですが、ちゃんと本体を支えられます。

マルチスタンドこちらでどうぞ。ちなみに福岡市内だと店舗が昭和通りが大博通りにぶつかるちょっと手前にあります。

「そんな安っちーの嫌だ!もっとCoolなのが良い!」っていう方にはこちらなんか如何でしょう?『Compass Mobile Stand』って商品。お値段39.99ドル

Compass Mobile Standはこちらでご確認ください。

「日本でサクっと買えないの?」って方はこちらの商品は如何でしょう?これはMacにも使える優れもの♪ 1,800円(7/27現在)

Apple iPad対応スタンド(Xstand)(amazonリンク)

ちょっと違ってくるけど、「もういっそ壁に付けれない?キッチンとか、トイレとか、お風呂とか」って方にはこちら。その名も『The Wallee』。各部屋に1台感覚でどうぞ(笑。49.95ドル

Walleeはこちらでご確認ください。

このWalleeは、iPadが出始めの頃にベルクロ(マジックテープ)で壁に取り付けたりする小ネタがあったヤツの本気版って感じ?w

実はiPadで文字入力する時は、いつもMacで入力するようにはいきません。キーボードの『F』と『J』keyを人差し指で探すわけにもいかず、手のひらをベタっと付けたまま入力しようとするとキーボードを隠すキーに触れたり、誤入力したりします。

ちょっと余談だけど、iPadの発表前にリーク画像が出た時「何だこの太い黒い縁は?デザイン的に無いだろ?これはガセだな」って思ったものですが(実はガセぢゃ無かった)、実はこの黒い部分(ベゼル)は大事なんですよね。マルチタッチで動くiPad、本体を親指で支えようとする時に誤作動を起こさない様にするが為のデッドスペースな訳です。こればっかりは使ってみないと実感できないかもしれませんが。

話を戻して…iPadで文字入力するときは完全に手を浮かせる状態、もしくはこの黒いベゼル部分からはみ出ない様に手のひらを固定して打たなくてはなりません。慣れればそう苦にはなりませんが、長文打ったりする時はやはり外付けキーボードが必要かもしれません。サードパーティ製で対応Bluetoothキーボードの折りたたみのヤツとかは外で使うには便利ですよね。

僕的にはそのキータッチの感覚が好きなApple純正のDock付きキーボードも、ワイヤレスキーボード単体でも7,000円しない。

またまた話は変わりますが、僕はこの7,000円で違うモノが欲しいんです。

ギターとiPhone、iPadを繋ぐ[iRig]ってヤツ!これはまた別の機会に〜w 何それ?!って方はこちらで予習をどうぞw

僕もエゴコロ欲しかったなぁ…

Twitterで知ったんだけど、この絵、iPadで描いた絵なんだって!

『弘法筆を選ばず』って言うけど、確かに!って唸っちゃう動画をご覧ください。

これは[Brushes]っていうiPadアプリで描いてる過程を早送りで再生してる動画。スゴくない?所要時間は3時間だそうです。

指先だけで、しかも筆圧感じゃないからブラシの太さと色を選ぶだけでこれだけの絵が描けるって、まさに描き手の技能と才能とセンスと、アプリの良さと、iPadのユーザーインターフェイスの相乗効果だよね。

「あぁ、こうやって色を足して行く訳ね」って感心しちゃったよ。

僕は残念ながらエゴコロが無いので、ここは是非エゴコロのある方々に使ってみて欲しいアプリです。(ちなみにアプリは600円)

うちの親父も油絵とか描いてたので、生きてたら触らせてあげたかったなぁ。

『弘法筆を選ばず』の反意語は『豚に真珠』では無いけど(笑)、僕もブラウジングとTwitterと電子書籍を読むくらいにしか使ってないiPadをより活用したくなりましたw

『超テクギタリストと同じギターを手に入れても、同じ音やフレーズはこなせない。そこには努力とセンスと才能が必要』ってのは重々承知しておる訳ですが…(苦笑。

せっかくiPadあるんだから、いろんな楽しみ方を増やしたいよね〜。

ここに上の動画と共に、他の作品も載ってます。

[Brushes]のiTunesリンクはこちら