宝石の似合うオトコ♪

新しい『古い』ギターが来た。ついにオトナになりましたっw。念願のGibsonっす!

【GIBSON LES PAUL STUDIO GEM TOPAZ】

これは1996年〜1998年まで製造されたレスポールスタジオの特別シリーズで、【GEM(宝石)】の名の通り、ゴールドパーツを多用したり、このTOPAZや他のこのモデルのカラーリングからその『GEM』と名付けられたシリーズ。P-90のシングルコイルピックアップを搭載してるのと、このサンバーストに一目惚れしちゃった。

楽器屋から送られて来たままの弦なので、一概には言えないけど、アンプを通さずに弾いた感じは『鳴り』がイマイチに感じた。愛機のテレキャスターの方がボディで鳴ってる感じがした。

そしていざプラグイン。「おっこれがP-90シングルコイルピックアップの音なのね♪」って感じ。『ゴリ、ジャリ』って音が新鮮♪フロントはより太く甘く歪み、リアは歯切れがいい。ピックアップをセンターにして、ギターのボリュームを絞ると綺麗な音が鳴る。フロントとリアの出力の差が少し気になるのは、こんなものなのか?調整が必要なのか?と、弦高の調整は追々ってことで。

テレキャスターと比べると、レスポールの方がフレット間が短くてネックは太い。相棒のレスポールJrを弾いた時の違和感を思い出した。

届いたばっかりだし、見てるだけでニヤニヤするような美しいルックスが、弾く楽しさを増長させてくれる良いギターです。

今回このギターを購入するまでに、市内市外の20軒にも及ぶ楽器屋巡りに付き合ってくれた家族と、いろんなアドバイスをくれた東京に住んでるかつてのバンド仲間、報告を兼ねてのメールのやり取りの中で、久しぶりに近況や音楽談義で僕に楽しい時間をくれた大親友の相棒に感謝します♪

じゃ、勝手に僕の他の機材紹介をさせて頂きますっw

TELE_CUSTOM【Fender Telecaster Custom USA ’76】

これは20数年前に買った曰く付きの僕の愛機。二十歳そこそこのバンドばっかりやってた頃で、どうしてもキースが持ってたこのテレキャスターカスタムが欲しかったのね。で、ローンで購入しようとしたんだけど…ローンが通らず…ikukoの名義を借りて…ほとんどikukoに払ってもらったっていう言わば『所有権』はikukoにある『僕の』メインギター(笑)。

購入した時からブリッジがオリジナルの3連サドルではなく、6連のものに交換されてた。内部はフロントのトーンのポッドが交換された跡が見受けられる。あれから20数年…経年と酷使のせいで、ラッカー塗装故のボディの塗装のハゲやバックル傷や打痕はかなりある。でも『鳴り』は僕にとって最高♪

TELE_BACK

火事になったら何を置いても、コレだけは持って出る!って心に決めてます(笑)それ程の僕に取っては大切なギター。

ここからランクがグッと下がります(笑)

STRATO_JAPAN【Fender Japan Stratocaster】

これは当時のバンドの音楽的方向性がどんどん渋い方向に向かってる(気がする)中、ストラトのハーフトーンの音の方がバンドの方向性に合ってんぢゃねーのか?って勝手に思って某質店で中古で購入。値段ガトの音ですわ(笑。僕のセッティングにも因るんだろうけど、ストラトの音って僕にはパンチが足りないっていうか…たぶんホントに安物だからだろうとw

Epiphone_EA【Epiphone エレアコ】

高校卒業直後にやってたバンドのメンバーの結婚式の余興に声が掛かって、ボーカルと二人でアンプラグドでリユニオンすることになったので、慌てて購入した僕にとって初エレアコ。別にエレアコでなくっても良かったんだけど、見た目と予算の都合上コレを購入。弦高が高すぎたりして全然弾き易くない(笑)勝手にサドルを削ったりしてるから尚更なんだけどね。

TELE_JAPAN【Fender Japan Telecaster 】

こいつは同業者の事務所に遊びに行って、お土産に持って帰ってきたギター(笑)「フロントピックアップがハムバッカーのテレキャスターって…キースぢゃん!」って言ったら「持って帰っていいよ」って言うんで、半永久的に無償で借りて来てる。もう貰ったも同然だと(笑)

ただ、鬼の様に重い。ジャパンの安物のウレタン塗装なんてこんなに重たいのか?ってくらい。ほんとは6弦外してオープンGチューニング専用にしたいギター。フロントピックアップを『ちゃんとキースの様に』上下逆にしました(笑)

ZO3【フェルナンデス ZO-3】左側

見た目からぞーさんってw。これは同業者から1万円で譲ってもらったギター。

有名なアンプ内蔵のミニギター。9ボルトの電池駆動だけど、フルボリュームにするとフィードバック奏法出来たりして面白い。今までにいろんなモデルがどんどん出てる様です。もうオモチャの域を超える勢いw

RICH【B.C Rich モッキンバード風(?)ミニギター】

REICHIが何歳の頃だったかなぁ…。当時、ヤツには『2歳で東京ドーム2列目でストーンズを観せる』っていう程、Rock英才教育を施してた(爆。誕生日だかに無理矢理プレゼントしたギター。たぶんZO-3より安かったんだろうね。何故こんなヘビメタ風ギターを与えたのかは不明(笑)ショートスケールってか、ミニギターって、永遠にピッチが合わない気がするんだけど…何かやり方あんのかね?飾りにもならないので、今では押し入れで眠ってるギター。

ロック的英才教育はその後、何の効果も現れることなく、ヤツも高校生に…そしてやっと目覚めたかと思えば…マソソソやし(笑)

♪    ♪    ♪    ♪

*AMP&EFFECTOR*

EFFECTOR【BOSS SUPER  OVERDRIVE SD1】&【Jim Dunlop CRY BABY GCB-95】

左:『乱’S Guitar Oh-e,T』って手書きの名札(笑)が今でも当時のまま貼ってあるオーバードライブ。つまみが一個しか残ってないけど、現役!

右:ワウペダル。このモデルはジミヘンやクラプトンも使ってたヤツ。ワウってなかなか難しくって使いこなせないまま。最近「ワカチコワカチコ〜」って言いながら弾いたら、子ども達に「ビミョー」って白い目で見られた(笑)

TWIN【Fender Twin Reverb】

アンプと言えば『フェンダーツインリバーブ!』って思ってた僕は、楽器屋で’65年モデルの復刻版を見つけた新婚当初…初ボーナス直後にikukoに「アンプ買っていい?」って許しを得るや否や、現金を握りしめて楽器屋へ直行(笑)たぶんステージで10回位しか使ってないんぢゃないかなぁ…仕事とバンドが両立出来なくなって、脱退しちゃったんだよね…。

アンプ歴は【JUGG BOX】製のアンプ→【Roland JC55】→【Ampeg】と来て、このツイン。このツインとテレキャスカスタムが僕のスタイルでした♪

ORANGE10【Orange Crush 10】

先月(10月末)購入。トランジスタアンプは真空管アンプと違って、スイッチオンで即、音が出るのが便利♪だいぶ慣れて来たし、ジャリジャリした好みの音が出てくれてます♪ルックスも好み♪

♪    ♪    ♪    ♪

以下番外編w。

生まれて初めて買ったエレキギターは、中1くらいの頃に3千円でリサイクルショップで買った【グレコ製(?)レスポール】。アンプに繋いだら音が出なくって、楽器屋に持ってって直してもらったようなギター。ギターケースの中にFUZZ(歪ませるエフェクター)が入ってたなぁ。そのギター、捨てちゃったのか?どうしたんだっけ?(笑)

そんで高校生になって、バイトして買ったのが【TOKAI テレキャスター ワインレッド】。7万だか8万だかしたような…。高校生には大金ですがな。ポスティングとかティッシュ配りとかしたよなぁ…。このギターはその後、カスタム仕様に改造を施されて…あっ!ひょっとしたら3千円のレスポールぶっ壊して、ピックアップとかポットとか移植したのかも知れない!って気がして来た!何せ自分で改造したんだよなぁ…。今もたぶん熊本の甥っ子の家にあるはず…あるといいなぁ(笑)

【TOKAI Les Paul】は、これはここにもコメントしてくれる、幼なじみのゆうちゃんから譲り受けたギター。これも後で改造を施される運命が…塗料店で金粉を買って、ラッカーで薄めて、ゴールドトップ仕様にリフィニッシュBY TOSHI…オートポリスでのライブで初披露したんだけど、バンドメンバーに「ゴールドトップっていうより黄土トップ」って言われた(笑)後にREICHIかYU-KAがちっちゃかった頃に倒されてネックが折れて引退。

現実的な意味で、ギター収集はこれにて終了(予定w)です。早く新しいレスポールを大きな音で鳴らしてみたいね。

アンチエイジングとDIETには『ステージ』の効果が絶大なので…なので!?(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中