大人になるべく

楽器屋巡りをしています。

この一週間で市内6軒(博多駅1軒、天神4軒、伊都1軒)制覇。天神と住吉にあと1軒ずつ中古楽器(ビンテージ取り扱い含む)があるんだけど、無駄に愛想が無かったり、すこぶる評判が芳しくなかったりでスルーw。

残すは、新宮と粕屋と筑紫野のモールにある楽器屋。今週末あたりか?w

実は小倉にもビンテージギターショップがあるらしいんだけど、さすがにちと遠い。

以前は天神にもう1軒と大名にも1軒あったんだけど、どちらも今は無い。どうも楽器が売れないらしいんだよね。

僕らの若い頃は「ネコも杓子もギター」だった。それこそ「若い頃のギター熱は麻疹みたいなもん」的な(笑)何度もバンドブームが到来してたしね。

今、若い子に楽器が売れないのは「ケータイ」のせいだって。「ケータイ」にお金を使うから他所に回す金が無いんだって。高校生がティッシュ配りしてお金貯めてギター買う(僕の)様なガキは絶滅危惧品種っぽいね orz

♪    ♪    ♪    ♪

僕らの若い頃、国産メーカーがこぞって「Gibson」や「Fender」のコピーモデルを作ってた。当時は「国産は年月経っても価値は上がらない」ってのが定説だった。

それが昨今どうもそうでもないらしいのね。っていうのも、本気でコピーしてたら本家のクオリティー越えちゃったらしくって(笑)、本家から訴訟起こされたメーカーもあるのね。そんなモデルが海外で高値で取引されてるらしい。「made in japanスゲーぞ」なんだろ?w

それこそ、60年代初頭当時はエレキギターって国内にそんなに入ってくることもなく、海外の雑誌のギターの写真から「想像」で作ったりしてたらしいのね。そんな中、すごい奇特な人が本物レスポールを国産メーカーに貸し出して精巧なコピーモデルの開発が始まったって歴史があるんだって。

その頃の職人さんは材質の分析から始める人も居て、金属パーツ、ボディやネックの木、塗装までをとことん追求して作り上げる。それが今日の国産ギター職人に受け継がれた結果…カタチはコピーでも本家以上の『鳴り』を実現してるそう。

今楽器屋に行くと、40万円オーバーの純国産のレスポールとかが置いてある。見た目から入る僕は「Gibson」って書いてないギターに40万なんか考え出来ないんだけど(苦笑)、すごくイイらしい。これこそがこだわり職人手作りのギターなんだよね。

♪    ♪    ♪    ♪

と、言いつつもやっぱり僕はGibsonを探してる(笑)それが大人だってことだ!って信じて疑わないから(笑)

ここに書いてる情報は『この店で一番高いギターを弾かせてくれ』っていうサイトで仕入れた物です。

もうすっごい面白いよ。ここ。全国の楽器屋に行って

mottekoi

って言うのね。

そんで楽器屋からそのギターにまつわる話をいろいろ聞くのよ。これがすごい良い話が多くてさ、タメになるの。楽器屋さんのこだわりとか、うんちくとか、職人さんの話とか、興味深い話満載。

そんでね、

hikasete

で、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のリフを弾くんだけど…お世辞にも上手くないのよ(笑)

それでもね、連載90回くらいで総額『1億2千万』分のギターに触ってるのよ、この人!なんせ3千5百万のレスポールとか登場したからね(驚。

だからって、高いギターが良いってだけの話ぢゃなくって、とにかく読んで楽しいサイトでした。

ここをYU-KAに見せてたら、こないだ一緒に行った楽器屋で「この店で一番高いギター」を探してた(笑)

♪    ♪    ♪    ♪

こないだ僕も初めて楽器屋で『試奏』しました!最新Gibsonレスポール!そして僕は気付いた…相変わらず楽器屋には鏡が無えー!「映り」が分かんねーぢゃねーか!(爆。

レスポール?あれ?こないだのエントリーで言ってたことと、方向性変わって来てるような…(苦笑。

広告

大人になるべく」への2件のフィードバック

  1. その、各店で高いギターをリクエストする御仁のイメージ、
    スナフキン・チックな次元って感じ?(笑)
    北九州のお店はCrew Slutかなぁ?
    ずっと前の仕事のお客さんで、楽器全般扱ってたけど、
    ギターがつとに有名だったかと。
    もう15年も前の話だから、スタッフさんも入れ替わってるだろうけど、
    そういやTOSHIさんに似たロックな兄ちゃんが担当だったな~(笑)
    ちぇりはギターに無知なので価値がわからなかったけど、
    営業の際には必ず一緒について来たがるギター小僧がいましたよ(笑)

  2. >ちぇり
    紹介してくれた楽器店、調べたらすごい良さ気♪
    しかも、小倉駅周辺だけで3軒は楽器店があるんだね。
    これは行かねば〜w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中