世界中の人に君のことを自慢したいよ

清志郎が亡くなって、泣き暮らしてるのね。毎日。自分でもびっくりするくらい涙が出るのよ。
youtubeで懐かしい映像を見つけては、涙する毎日。

『夜のヒットスタジオ』に出演した時の映像とかは当時生で放送を見てて、家にビデオとか無かった時代なのでTV画面を写真に撮ったりしてたなぁ。

ちなみにこの派手なギタリストが『仲井戸麗市』。そう僕のギタースタイルの原点。
麗市(REICHI)です。
RCを観て聴いてなかったら、僕の今はまったく違ったものになってたでしょう。

これだけは是非みんなに観て欲しい映像。
’91年に海ノ中道海浜公園でのライブ映像なんだけど、井上陽水の『傘がない』を
陽水にアコギだけを弾かせて、高中正義、細野晴臣をバックに清志郎が熱唱してます。
ご存知の様に、陽水の大ヒットアルバム『氷の世界』に清志郎は何曲か曲を提供してます。
(清志郎はその印税で不遇の時代を凌いだとか)

REICHIは、モノゴコロ付いた時から清志郎を歌っててね。今は覚えてないようだけど。
振り付きでよく歌ってたのがコレ。

ホームビデオにも残ってます。それこそyoutubeにアップしちゃるか?ってくらい可愛いんだよ。

いつまでも泣いてると清志郎に怒られそうなので、これからはコトある度に清志郎の良さを『笑顔で』後世に伝えて行こうと思います!
そして今日は青山で盛大な告別式が行われてます。

愛してま〜す!!。サンキュー!キヨシロー!!!!!!!!!!!!!!

映像や曲を聴きながら、久しぶりにRCの曲をギターで弾いてます。
なので、新しいカメラで最初に撮った写真がギターっていう(笑)

広告

世界中の人に君のことを自慢したいよ」への4件のフィードバック

  1. 僕が小学生だった頃。
    ご存知の通り幼少期、周りを囲っていたのはクラシックばっかりで、別にそれが嫌とかそういう訳じゃ無かったんだけど、高学年になって自分で別の好きな音楽を聞こう!って思ってレンタルCD屋で借りてきたのが、忌野清志郎のシングル『昼間のパパ』。

    初めて彼のロックに触れたときでした。

    彼の凄さを語れるほど彼の楽曲に接してきたわけじゃないけど、彼がいたから今の日本のロックンロールがあるんだよね。
    彼がいなかったら昨日弔辞を読んだヒロトも岡山から出て来てなかったかもしれない。

    俺もアイシテマス!

    センキュー!!

  2. >マサヲ
    今調べたら『パパの歌』は91年なんだね。俺ら結婚した年なんだけど…「高学年」って(苦笑。

    清志郎は今年デビュー40周年だったんだよね。
    彼と彼の音楽と彼の魂はいろんなとこに足跡遺してる。

    ず〜っと受け継がれていって欲しいね。

  3. そうそう。
    小学校の6年生のときです。

    その後も時々は清志郎の音楽聞く機会あったんだけど、
    その中で一番強烈だったのがやっぱ『君が代』

    レーベルが軒並み手を引いたのに、自費で出したあたりがロックンローラーな気骨を感じましたヨ。

  4. >マサヲ
    実はその「反戦」とか「反核」には共感出来なくてね、当時。
    メッセージ自体では無くって、やり方ね。
    後の「君が代」では本人名義だったけど、その前が覆面で騒いでたぢゃん?。(誰が見ても清志郎なんだけどW)
    「なんか違うくね〜か?」って思ちゃってた。
    まぁ全て含めて清志郎なんだよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中