Touch de skype


一日中マスク装着で過ごすと、ただでさえ息苦しい職場が(笑)増々息苦しく…
休んでる間に溜まってたデスクワークを片付けに出社したところ、経理がインフルエンザで休みという状況の中、ちょい悪に変身中の僕は(嘘)「社内に蔓延させた犯人は俺か?」な罪悪感に囚われることなく、帰宅しましたとさ(笑)

さて、本題。
iPhone/Touchアプリの中に、『fring』っていう無料アプリながら素晴らしいソフトがある。
登場当初から知ってはいたものの、何せ初代iPod touchユーザー『だった』からスルーしてた。

『だった』のが、晴れて2ndEditionユーザーに生まれ変わった身としては試さない訳がな〜いっw。

この『fring』ってソフトはモバイルVoIPアプリケーション
wi-fi環境下のみって制約があるものの(結構これがデカ過ぎるんだけど)、世界中何処へでも無料通話が出来る!!っていうソフト。
iPhoneなら、もともと電話だから分かり易いんだけど、
そう、iPodTouch2ndでも電話が出来る!のよ。

もうね、インフルエンザで倒れる間にコレが試したくって、試したくって(笑)
っていうのも、REICHIが買った[Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic]が要る訳です。(マイクが付いたヘッドセットならなんでも良いんだけどネ)
で、インフルエンザ明けで早速借りて試したってスンポーw


アプリをインストールして、fringを起動。認証作業終了後にMacのSkypeのアカウントを入力。

(僕は持ってないけど、ここに載ってる他のサービスも利用可能の様です。
もちろんSkypeOutで、お金を払えば一般固定電話等への通話も可能。)


すると、リストの中にMacと同じリストが乗っかる。

いよいよ、通話テスト♪
なんとリビングとREICHIの部屋を結ぶという、Skypeの時と同じ手順(爆。

REICHIのMacのSkypeを立ち上げさせる…リビングから「REICHI!立ち上げた?」って生声で確認(笑)

確認後、「もしもし」って小声(笑)で話すと…「あぁ、もしもし」っていう確実に生声より遅れてイヤフォンから聞こえる『あぁ、もしもし』(爆。

これさぁ、狭い家ん中でテストするとさ、リアルにタイムラグが感じられる訳よ(笑)
確実にKAZZ☆と国際電話で話した時よりタイムラグがある!(爆。

皆さんのレヴュー通りのタイムラグ=日常使えるレベルでは無い。デス。

そして、Skypeが掛かって来てもTouchで受けるにはfringを起動した画面で待機してないとダメ。
ってことは、掛ける時のみ用のアプリですってことだね。

ただ、Touchでもマイクが使えるっていう事実はこの先何とかなるんぢゃないの?って
(無駄な)期待をしちゃうよね〜。

『ほとんど使わないだろう』ってことがわかっただけで、iPhone付属のマイク付きイヤフォン¥3,400-を買わないで済むっ(苦笑。
でも、楽しかった〜(マジ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中